多く存在する家電の中でも、便利に使える製品のひとつとしてレコーダーを挙げることができる。その性能や利便性を記す

生活必需品!レコーダー機能で録画もできるテレビ

家電において手軽に買えて便利に使えるレコーダー

家電の製品は数々あるが、比較的安価に入手できて、なおかつ便利に使えるものにレコーダーがある。昔のレコーダーは、オープンリールであり、非常に重いものだった。しかも高価であり誰もが手に入れられるものではなかった。しかしその後、カセットテープの登場により、誰もがカバンに入れて持ち歩けるまでになった。しかし進化はカセットテープで終わらない。現在のレコーダーは、テープなどの媒体を必要としない。録音した音声は、デジタル情報に変換され、SDカードに書き込まれる。SDカードもまた安価でなおかつ、大容量となり、現在では16GBほどの大容量でも1000円でおつりが来るほどだ。ちなみに16GBの容量があれば、音声は、最長で500時間以上も録音することができる。いちいちテープをかけ替えたり、裏返したりする必要はまったくなく、連続で長時間の録音が可能となっている。また、録音した情報は、ファイルとしてデータ保存されるため、不要であれば即座に消去し、新たに録音することができる。さらに、録音した音声などを再生する場合、倍速再生機能もあることから、時間を短縮して聞くことができるなど、至れり尽くせりの機能を持っている。

家電の製品は、どれも高機能化が進んでいるが、現在のレコーダーが持つこれらの機能を活用することで、私たちは、時間や場所を選ぶことなく、録音をすることができるようになった。マイク性能も非常に高いことから、スーツのポケットに忍ばせておいても、十分クリアに音声を拾ってくれる。誰にも気づかれることなく録音できることから、聞き逃してはならないことなど、メモ代わりに録音することができる。また、録音スイッチをいれたまま目立たない所においておけば、翌朝まででも連続して音声を拾ってくれる。長時間の会議や打ち合わせなどには、欠く事のできない製品のひとつといえそうである。
Copyright (C)2017生活必需品!レコーダー機能で録画もできるテレビ.All rights reserved.