初めてのレコーダーは、当時流行のラジカセでした。数多くある家電の中でも当時爆発的にヒットしていました。

生活必需品!レコーダー機能で録画もできるテレビ

初めて家電の中からレコーダーを購入したのは中学の時でした。

それは深夜番組を録音する若者が多かったからです。ラジオから流れる曲を良く録音したもんでした。中学の入学祝いとして買って貰ったモノです。当時の中学生はほとんどがラジカセを持っていました。そのラジカセに自分の声を録音してよく遊んでいました、僕の声祖のっもの歯嫌いだったのですが、曲にナレーションを付けるなど、結構色々な使い方をしていました。その後買ったのは、オーディオ用のテープデッキでした。レコードの曲をダビングし、レコードでは聞かずカセットでばかり楽しんでいました。レコードで聞くとドンドン盤が傷んでいくからです。カセットテープならそんな事はありません。ヒスノイズはありましたが、曲を楽しむのにはもってこいでした。その後もカセットレコーダーを家電量販店で何台か購入しました。

最終的には、CDからの音をカセットに入れて、自分の好きな曲だけを1本のカセットに納めてドライブの時に楽しむなどと言うようなことを行っていました。それがいつの間にかICレコーダーとなり、現在に至っています。ICレコーダーは現在までに2台買いました。発売当初は3万円以上したと思いますが、今は非常に安くなっています。録音時間も十分と言えるほど長いので、非常に活躍してくれています。ただ、録音するのは長くても数十秒と言ったところで、長時間録音をすることはありません。何度も繰り返し聞くことが多く、消しては録音を行いまた聞いては消すという作業を繰り返しています。
Copyright (C)2017生活必需品!レコーダー機能で録画もできるテレビ.All rights reserved.